夢追い株ガイド はてなブログ

サラリーマン投資家であるE氏が執筆する夢追い株ガイドのはてなブログ版。E氏が注目する夢追い株(銘柄)の情報、また株価に影響がありそうな話題「テーマ株・為替・先物・国債・ETF、世界の経済(日本株・米国株・中国株・欧州株)」などのニュースをご紹介。株式投資家・トレーダーに読んでもらいたい株ブログ。

NYダウ史上最高値を日々更新中で年内2万ドル突破する?

ダウ2万ドルを予想した男、「安全バブル」を警告=セス・マスターズ氏インタビュー

 

バーンスタイン・グローバル・ウェルス・マネジメントのセス・マスターズ最高投資責任者(CIO)は2012年半ば、ダウ工業株30種平均(NYダウ)が2020年までに2万ドルを超えるだろうと述べた。同氏は愚かな楽観主義者だとして集中砲火を浴びた。 ダウ2万ドルを予想した男、「安全バブル」を警告=セス・マスターズ氏インタビュー WSJ 2016/12/06

 

NYダウは堅実に着々と上昇してきた。おそらく2012年6月に一度底打ちされてその後9月まで上昇したものの11月にかけて当時2番底と言える下落を経験している。当時から欧州は問題を抱えており、リーマンショックを経験している以上慎重な意見が多かったのも事実だろう。

 

その後セス・マスターズ氏は予想時期を早めているが、大統領選に向けて今年は特に慎重な相場であった事が言える。セス・マスターズ氏の場合こういったスケジュールによる予想というより経済の流れから統計を取っているようだが結果トランプ氏の勝利によるインパクトが直近1ヶ月の急上昇を作っているようにも感じる。もしヒラリー氏の勝利だった場合ここまで上昇しなかったかもしれない。

 

株は思惑で買われると言うが正に今がそうだろう。

 

セス・マスターズ氏はあくまで銘柄の価格が上昇する事によるリスクを懸念しているが、思惑がある程度織り込まれた後にそのリスクが出てくる可能性は高い。今がトランプ相場だとすればそれはトランプ氏が大統領に就任する来年1月20日以降が妥当。もちろんその他外部要因が起きるのであれば来週のFOMCだ。懸念なく通過するようであれば年内2万ドルももはや想定内かもしれない。