夢追い株ガイド はてなブログ

サラリーマン投資家であるE氏が執筆する夢追い株ガイドのはてなブログ版。E氏が注目する夢追い株(銘柄)の情報、また株価に影響がありそうな話題「テーマ株・為替・先物・国債・ETF、世界の経済(日本株・米国株・中国株・欧州株)」などのニュースをご紹介。株式投資家・トレーダーに読んでもらいたい株ブログ。

トランプ氏の経済政策「トランプノミクス」に注目する投資家にアベノミクスはどう出るのか

トランプ氏の経済政策「トランプノミクス」に楽観、悲観の両論

 

次期米大統領に選ばれたドナルド・トランプ氏は、驚くべき勝利で同国の政治体制に衝撃をもたらした。これからは、同氏の経済政策「トランプノミクス」が米国および世界の経済を同じように一変させるかどうかが問われることになる。 トランプ氏の経済政策「トランプノミクス」に楽観、悲観の両論 - ブルームバーグ 2016/11/11

 

トランプノミクスとは

 

トランプノミクス(trumpnomics)とは、ドナルド・トランプ氏の経済政策のことで、「トランプ(trump)」と「エコノミクス(economics)」を組み合わせた造語。

 

トランプ政権は大型の減税や規制緩和、大型の財政出動などが期待されており、1980年代前半に米国のレーガン大統領が行った経済政策「レーガノミクス」に近いことから「トランプノミクス」と呼ばれるように(「トランポノミクス(trumponomics)」とも呼ばれる)。

 

レーガノミクスでは規制緩和社会保障の削減や軍事費拡大、減税等を行ったが一方で、財政赤字貿易赤字が膨らんだ背景がある。トラプノミクスもほぼこれと同じ内容の政策となっているが、レーガノミクスとの違いは、レーガノミクスが軍事費拡大したのに対し、トランプノミクスではインフラ投資を拡大する政策となっている。

 

トランプノミクスに注目が集まる一方アベノミクス

 

ドナルド・トランプ氏の勝利した場合、相場の下落を想定していた投資家、評論家も多く、実際俺もテレビでトランプが勝利した場合の為替は1ドル90円台にまで円高となると意見している場面を見た。

 

しかしどうだろう。実際為替は107円台に迫る勢いな上、NYダウ日経平均は共に上昇、米債券市場では米国債の売りは続き、10年債利回りは一時2.15%と1月上旬以来、約10カ月ぶりの水準に上昇している。

 

トランプ氏の経済政策「トランプノミクス」の実現性と、米景気や市場への影響に多くの投資家が関心を示している証拠だ。

 

一方でブルームバーグによると円安を誘導して輸出企業の利益を増やす「アベノミクス」がトランプ氏の保護貿易政策基調で厳しい状況を迎えると報じている。そして国会でTPP協定を承認し、アメリカを説得すると息巻いているが、反対派のトランプ氏勝利によってより一層アベノミクスはピンチに立たされているのかもしれない。