夢追い株ガイド はてなブログ

サラリーマン投資家であるE氏が執筆する夢追い株ガイドのはてなブログ版。E氏が注目する夢追い株(銘柄)の情報、また株価に影響がありそうな話題「テーマ株・為替・先物・国債・ETF、世界の経済(日本株・米国株・中国株・欧州株)」などのニュースをご紹介。株式投資家・トレーダーに読んでもらいたい株ブログ。

日銀の追加緩和 ETF買い入れ額年間6兆円への引き上げが意味するもの

日銀はついに「ヤバイ」領域に足を踏み入れた

 

市場の大方の予想通り、日銀は追加緩和に踏み切った。 内容は「ETFについて、保有残高が年間6兆円に相当するペースで増加するよう買い入れを行う(現行の約3.3兆円からほぼ倍増)」(7月29日付日本銀行「金融緩和の強化について」)という、ETFの買入れ額をほぼ倍増させるというものだ。 日銀はついに「ヤバイ」領域に足を踏み入れた - 東洋経済オンライン 2016/07/29

 

事前期待が強すぎて踏み切った後の相場は厳しいものとなった。

 

多くの投資家は大引け前に今週の決着を判断しただろう。

 

それほど注目度も高かったわけだが、投資家としてはやはり株価の反応が気になるところではあったが、追加緩和せざるを得ない状況であるという事がどれだけ末期状態にあるかをまだ伝わり切っていない部分だろう。

 

実はマイナス金利に手を出してしまった事で負のループゾーンに入ってしまったと言わざるを得ないのが多くの証券マンの見解と見るべきであり、それが妥当な話だろう。

 

では今後はどうなるか。

 

追加緩和は物価安定の目標が目的であって株価の上昇ではない事を念頭に置くべきかと思うがそうもいっていられないのが現状。株価を安定させないとGPIFの問題もあるからな。

 

黒田総裁は会見で、先行きの海外経済に関する不透明感などから不確実性は大きいとの考えを示しながらも2%物価目標達成は2017年度中が中心的な見通しになるとした。

 

海外経済、国際金融市場をめぐる不透明感というのは簡単に解決できる話でもないが、ヘリコプターマネーについては触れず、今回の強化に踏み切っているのも気になるが。