夢追い株ガイド はてなブログ

サラリーマン投資家であるE氏が執筆する夢追い株ガイドのはてなブログ版。E氏が注目する夢追い株(銘柄)の情報、また株価に影響がありそうな話題「テーマ株・為替・先物・国債・ETF、世界の経済(日本株・米国株・中国株・欧州株)」などのニュースをご紹介。株式投資家・トレーダーに読んでもらいたい株ブログ。

NYダウ

【速報】NYダウ平均株価 史上初の2万ドル突破

25日のニューヨーク株式市場は、トランプ大統領が掲げるインフラ投資など景気刺激策への期待感から買い注文が広がり、ダウ平均株価は初めて2万ドルの大台を突破して最高値を更新しました。 NY市場 ダウ平均株価が初の2万ドル台 最高値更新 - NHK 2017/…

トランプ米次期政権の閣僚候補者から見た企業優遇の規制環境への再整備、それを読み解く海外投資家

ドナルド・トランプ次期米大統領が起用を発表した新政権閣僚の面々は、同氏が株主に対して極めて友好的な政権を目指していることを改めて強調する存在だ。ここで投資家が直面するのは、新政権との友好的な関係にどのような価値を置くべきかという問題だ。 …

NYダウ史上最高値を日々更新中で年内2万ドル突破する?

バーンスタイン・グローバル・ウェルス・マネジメントのセス・マスターズ最高投資責任者(CIO)は2012年半ば、ダウ工業株30種平均(NYダウ)が2020年までに2万ドルを超えるだろうと述べた。同氏は愚かな楽観主義者だとして集中砲火を浴びた。 ダウ2万ドルを…

10月暴落説で個人投資家はどう乗り切るべきか

今年の「魔の月」は例年以上に危ない――。兜町が怯えている。 「相場ジンクスでは、10月が魔の月です。何が起きるか分からない不気味な月で、1929年の暗黒の木曜日や、87年のブラックマンデーは10月でした。まさかとは思いますが、今年は株価暴落…

NYダウ 早期利上げ観測から大幅下落 来週の日本株への影響は?

9月20━21日の米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、9日の米連邦準備理事会(FRB)高官の発言からは、利上げの是非をめぐり、内部で意見がなお分かれていることが浮き彫りとなった。 米利上げめぐりFRB内なお隔たり、9月会合控え高官発言に…

予想上回る雇用統計で米国株は大幅反発

5日の米株式市場ではダウ工業株30種平均が大幅反発した。前日比191ドル48セント(1.0%)高の1万8543ドル53セントと7月22日以来、2週ぶりの高値で終えた。ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は3日続伸し、同54.873ポイント(1.1%)高の5221.…

雇用統計好感きっかけに日経平均も上向くか

米労働統計局が8日付けで発表した6月の雇用統計は、非農業部門の雇用者数が287,000人の増加となり、175,000人の増加を見込んでいた市場予想を大幅に上回る結果となった。 6月の米雇用統計、非農業部門の雇用者数は28万7000人の増加・市場の事前予想を上回る…

米コア小売売上高がプラスに改善、景気後退観測に疑問符

指標が上向いてくれたおかげでダウは一時300ドル高。 来週は日本市場もさすがに戻しにかかってくれるといいんだが。

NY、一時1万6千ドル割れ 株安、世界的に連鎖

今のところ15842.11ドルまでつけて切り返している。 ただ昨晩発表された指標の悪さを考えるとなぁ。 ここで見方は二分してしまうから、来週の日本は注意が必要だ。