読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢追い株ガイド はてなブログ

サラリーマン投資家であるE氏が執筆する夢追い株ガイドのはてなブログ版。E氏が注目する夢追い株(銘柄)の情報、また株価に影響がありそうな話題「テーマ株・為替・先物・国債・ETF、世界の経済(日本株・米国株・中国株・欧州株)」などのニュースをご紹介。株式投資家・トレーダーに読んでもらいたい株ブログ。

日銀 マイナス金利政策の導入から1年経過 長短金利操作付き量的・質的緩和への変更も効果は?

日銀が異例のマイナス金利政策の導入を決めてから29日で1年。黒田東彦総裁が「近代の中央銀行の歴史上最強」と自賛した金融緩和の枠組みは誤算の連続だった。日銀が掲げる2%物価目標は依然として遠い。 誤算続きのマイナス金利=日銀決定から1年 - 時事通…

2016年の日本株 外国人投資家 リーマンショック級の大幅な「売り越し」

海外の投資家が去年1年間に国内の主な株式市場で株式を売った額は、買った額を3兆6000億円余り上回り、世界的な金融危機「リーマンショック」が起きた平成20年に匹敵する規模だったことがわかりました。 去年 海外投資家の売買規模 リーマンショッ…

GPIF高橋則広理事長が初の年頭会見 取引金額を大幅縮小へ

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の高橋則広理事長は6日の年頭記者会見で、2016年4月の就任以降、1日のオペレーションで動かす金額を大幅に縮小したことを明らかにした。130兆円超を運用している現状を踏まえ、市場に与える影響を考慮…

日銀の物価目標2%達成はいつから中長期目標になった?先送りが続く目標は目標ではなく理想にしかすぎない

日銀の物価目標2%は当初決定した時点から「無理なのでは?」と言った声も多数ある中、2年でインフレ2%を目標としてきた。だが、先送りに続く先送りで遂には先月の日銀金融政策決定会合にて事実上の中長期目標としてしまった事について元日銀理事の門間…

2016/10/06 大引け 円安進行も17,000円が節目か上値が重く

日経平均株価 16,899.10円(前日比+79.86円) TOPIX 1,353.93(前日比+6.12) 出来高概算 17億244万株 売買代金概算 1兆8,673億円 10月6日大引け 日経平均+79.86円「本日の日経平均は4営業日続伸。17,000円台を目前に上値の重い展開」 - 岡三オンライン証券の…

2016/9/26 大引け 円高警戒と黒田日銀総裁発言で銀行株が下落

日経平均株価 16,544.56円(前日比-209.46円) TOPIX 1,335.84(前日比-13.72) 出来高概算 15億2,635万株 売買代金概算 1兆6,944億円 9月26日大引け 日経平均-209.46円「本日の日経平均は続落。薄商いのなか終日軟調」 - 岡三オンライン証券の公式ブログ 201…

日銀が地方銀行の収益悪化を顧みずマイナス金利幅の拡大を検討

日銀は20、21日の金融政策決定会合で、異次元緩和の「総括的な検証」をまとめる。大量の国債購入やマイナス金利などの緩和策の効果はあったと評価したうえで、今後も2%の物価上昇目標の早期達成に向けてマイナス金利の深掘りを中心に追加緩和を模索す…

日銀が発表する現在のマイナス金利付き量的・質的金融緩和策(QQE)の効果に関する「総括的な検証」とりまとめが難航

日銀が20~21日の金融政策決定会合で実施する「総括的な検証」で、「統一見解」のとりまとめに難航していることが6日、分かった。9人の政策委員が、マイナス金利を政策の柱に据える「マイナス金利支持派」▽国債購入の量を重視する「リフレ派」▽追加の…

財務省、金融庁、日銀は張子の虎

外為市場で18日、ドル/円JPY=EBSが一時100円を割り込んだ。財務省、金融庁、日銀は同日午後、臨時の三者会合を開催し、足元の円高をけん制。市場に対して政府・日銀の姿勢をアピールするのが狙いだが、具体策が伴わなければ「張子の虎にすぎない」(…

筆頭株主・日銀の銘柄が17年末には日経平均4分の1(55銘柄)に

追加の金融緩和策として上場投資信託(ETF)の買い入れ額を増やした日本銀行が、日本株市場への影響力を強めている。ETFの保有額から試算した結果、既に主要企業の実質的な大株主となっており、7月会合の方針に沿って今後買い進めば、筆頭株主・日銀…

日銀の追加緩和 ETF買い入れ額年間6兆円への引き上げが意味するもの

市場の大方の予想通り、日銀は追加緩和に踏み切った。 内容は「ETFについて、保有残高が年間6兆円に相当するペースで増加するよう買い入れを行う(現行の約3.3兆円からほぼ倍増)」(7月29日付日本銀行「金融緩和の強化について」)という、ETFの買入れ額を…

三菱東京UFJ銀行が国債市場特別参加者資格を返上で日銀はどう動く

金融政策に悩む黒田総裁に新たな頭痛の種、国内最大銀のPD返上で 円高傾向や物価停滞など難問が続く中、日本銀行の黒田東彦総裁に悩みの種がまた一つ増えることになった。日本最大の三菱東京UFJ銀行による国債市場特別参加者(プライマリーディーラー、…

英EU離脱懸念で日経平均暴落、日銀の動きに注目

日経平均は582円安、英EU離脱懸念で全面安商状 2カ月ぶり安値 東京株式市場で日経平均は3日続落。前週末比582円の大幅な下落となり、安値引けとなった。英国の欧州連合(EU)離脱懸念の高まりによる海外でのリスク回避の流れが波及。為替も一時1ド…

黒田バズーカ第2弾・政策決定会合でも賛否割れた日銀追加金融緩和

先月の追加緩和は予想できていた人も少ないだろうな。 だからこそあれだけ株価も跳ね上がったんだろうが、その反動もきつい。

連休明けの注目株 (2014/11/14)

追加緩和後。 ETFやREIT辺りは見ておくといい。